DSpace Kyoto University
Japanese | English 

Kyoto University Research Information Repository >
Graduate School of Law >
学術雑誌掲載論文等 >

Access count of this item: 576

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2433/217464

Full text link:

File Description SizeFormat
kwlr.2016.49..1.pdf1.05 MBAdobe PDFView/Open
Title: 日本における「忘れられる権利」に関する裁判例および議論の状況
Authors: 曾我部, 真裕 researcher_resolver_name
Author's alias: 曽我部, 真裕
Sogabe, Masahiro
Keywords: 忘れられる権利
検索結果削除
プライバシー
媒介者責任
知る権利
Issue Date: Oct-2016
Publisher: 江原大学校比較法学研究所
Journal title: 江原法學 = KANGWON LAW REVIEW
Volume: 49
Start page: 1
End page: 23
Abstract: EU法とは異なり、日本では「忘れられる権利」は、独自の権利としては捉えられていない。 EU個人データ保護規則に対応する個人情報保護法は、検索サービスには適用されないと考え られている。そこで、それに対応する問題は、名誉権またはプライバシー権の一部としての検索結 果等の削除を求める権利として考えられており、裁判所で争われる事例は相当数存在する。しか し、具体的な削除等の基準としては、下級審裁判例は、比較衡量論をとるものと、明白性基準 をとるものとに分かれており、最高裁の判断を待っている状況にある。他方、自主的な削除基準を 公表する検索サービス事業者もあり、総務省としても自主的な取組を推進している。こうした状況 の中、立法論を主張する論者は少数であり、最高裁の判断が今後の基準になりそうである。
Description: 강원대학교 비교법학연구소 강원법학 제49권, (2016. 10) 1-23쪽.
Rights: 出版者の許可を得て登録しています. Publisher permitted posting the final published paper on this repository.
URI: http://hdl.handle.net/2433/217464
DOI(Published Version): 10.18215/kwlr.2016.49..1
Related Link: http://www.dbpia.co.kr/Journal/IssueList/PLCT00001448
Appears in Collections:学術雑誌掲載論文等


Export to RefWorks

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Powered by DSpace 3.2.0 and JAIRO Crawler-List version 1.1
All items in KURENAI are protected by original copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.
Feedback