DSpace Kyoto University
Japanese | English 

Kyoto University Research Information Repository >
Institute for Frontier Medical Sciences >
The reports of the Tuberculosis Research Institute, Kyoto University >
9巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2433/51927

Full text link:

File Description SizeFormat
KJ00000077549.pdf394.87 kBAdobe PDFView/Open
Title: N-Acetyl-D-Glucosaminyl Isonicotinic Acid Hydrazide に関する研究
Authors: 小林, 裕 researcher_resolver
川田, 義男 researcher_resolver
寺村, 文男 researcher_resolver
杉山, 茂 researcher_resolver
福井, 斉 researcher_resolver
Issue Date: Sep-1960
Publisher: 京都大學結核研究所
Journal title: 京都大學結核研究所紀要
Volume: 9
Issue: 1
Start page: 64
End page: 70
Abstract: INH誘導体の一つであるN-Acetyl-D-Glucosaminyl Isonicotinic Acid Hydrazideについてマウスに対する毒性, 試験管内抗菌力, マウスの実験的結核症に対する治療効果及び小児結核患児に大量投与した際の副作用等について検討を加えた。1) マウスに対する急性毒性はINHの1/10ないし1/20以下で極めて低かった。2) マウスに対する慢性毒性は極めて低く, INH換算200mg/kg 6週間連続経口投与で体重の増加は対照群に比しやゝ劣るが他のINH誘導体に比し著明であった。3) 結核菌に対する最小発育阻止濃度はINH換算0.125γ/cc及び0.25γ/ccであった。4) マウスの実験的結核症に対しては皮下注射で効果なく, 経口投与ですぐれた治療効果を認めた。5) 小児結核患児に50mg/kg及び70mg/kg投与して5カ月間副作用を観察し, 50mg/kg群8例中1例, 70mg/kg群10例中3例に主として嘔吐のための投薬中止例を認めた。他はほとんど副作用を認めず5カ月間の投薬に耐えた。
Description: この論文は国立情報学研究所の学術雑誌公開支援事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/51927
Appears in Collections:9巻1号


Export to RefWorks

Access count of this item: 122

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - Feedback - Privacy policy