このアイテムのアクセス数: 2290

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
50_577.pdf671.89 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 尿路結石と飲水および飲料物について
その他のタイトル: Study on beverages and kidney stone disease
著者: 宮澤, 克人  KAKEN_name
鈴木, 孝治  KAKEN_name
著者名の別形: Miyazawa, Katsuhito
Suzuki, Koji
キーワード: Kidney stone
Beverage
Alcohol
発行日: Aug-2004
出版者: 泌尿器科紀要刊行会
誌名: 泌尿器科紀要
巻: 50
号: 8
開始ページ: 577
終了ページ: 581
抄録: 尿路結石の再発予防に対して適切な飲料物を,市販の缶またはペットボトル飲料の成分分析により考察した.また尿路結石の既往がない正常男子6名を対象にビール350ml×3缶飲酒前後の24時間尿の尿生化学検査を行い,ビールの尿路結石形成への影響を検討した.麦茶,ミネラルウォーター,オレンジジュース,ワインは尿路結石形成・再発予防に対して適切な成分を含有していた.ビール飲酒により尿量は有意に増加し,尿浸透圧と尿中クエン酸排泄量は有意に低下したが,尿中尿酸排泄量の有意な増加は認めなかった.ビールに比べプリン体カット発泡酒は容認できる飲料物と考えられるが,尿中クエン酸排泄量低下のリスクがあり,食事同様バランスを考慮した摂取が必要である
The incidence of upper urinary stones has been increasing since World War II in Japan. One of the causes is the change in dietary habit to a more westernized diet. The consumption of animal protein, fats and oils also correlates with the incidence of upper urinary stones. The results of numerous treatments for preventing formation of calcium stones are not sufficient, and the improvement of daily life habits and dietary advice have been proposed to be important. An increased intake of fluid is of great value for patients with stone diseases, irrespective of the stone composition. We discuss whether or not non-alcoholic and alcoholic beverages, are appropriate for prevention of stone diseases from the viewpoint of the contents of the beverages.
URI: http://hdl.handle.net/2433/113422
PubMed ID: 15471080
出現コレクション:Vol.50 No.8

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。