このアイテムのアクセス数: 260

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
14_0845.pdf166.82 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 泌尿器科領域における鎮痙鎮痛剤CG-201単味剤の使用経験
その他のタイトル: Clinical use of CG-201 (Acabel), a new spasmolytic, in urology
著者: 友吉, 唯夫  KAKEN_name
原田, 卓  KAKEN_name
著者名の別形: Tomoyoshi, Tadao
Harada, Taku
キーワード: Adolescent
Adult
Aged
Benzilates/therapeutic use
Female
Humans
Male
Middle Aged
Muscles/therapeutic use
Piperidines/therapeutic use
Urinary Calculi/drug therapy
発行日: Nov-1968
出版者: 泌尿器科紀要刊行会
誌名: 泌尿器科紀要
巻: 14
号: 11
開始ページ: 845
終了ページ: 847
抄録: CG-201, a new antispasmodic as well as analgesic, was administered to thirty-three patients having pain mainly due to urolithiasis. Twenty-two patients responded well. Six patients complained of thurst, but this side effect disappeared quickly after discontinuing the drug.
URI: http://hdl.handle.net/2433/119933
PubMed ID: 5752068
出現コレクション:Vol.14 No.11

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。