Access count of this item: 204

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
29_0527.pdf373.82 kBAdobe PDFView/Open
Title: A COMPARATIVE STUDY ON PHLEBITIS ASSOCIATED WITH CEPHAPIRIN AND CEPHALOTHIN
Other Titles: CephapirinおよびCephalothinの静脈注射による静脈炎について
Authors: Yoshida, Osamu
Kiriyama, Tadao
Okada, Kenichiro
Takahashi, Yoichi
Hida, Shuichi
Matsuda, Koji
Horii, Yasuki
Nakagawa, Kiyohide
Fukuyama, Takuo
Nakagawa, Takashi
Sasaki, Miharu
Nishimura, Kazuo
Machida, Shuzo
Tanaka, Yoichi
Author's alias: 吉田, 修
桐山, 啻夫
岡田, 謙一郎
田中, 陽一
飛田, 収一
松田, 公志
堀井, 泰樹
中川, 清秀
福山, 拓夫
中川, 隆
佐々木, 美晴
西村, 一夫
町田, 修三
田中, 陽一
Issue Date: May-1983
Publisher: 泌尿器科紀要刊行会
Journal title: 泌尿器科紀要
Volume: 29
Issue: 5
Start page: 527
End page: 534
Abstract: 泌尿器科的疾患患者278例に,Cephalothin (CET)およびCephapirin (CEPR)を経静脈的に投与したときの,静脈炎の発生について比較検討した.CETまたはCEPR 2 gを1日2回,5~7日間点滴静注にて投与した.CET投与群140例とCEPR投与群138例では,CET群21%,CEPR群14%に静脈炎発生が認められた.CEPRおよびCETともに1日投与量を増加すると,静脈炎の発生頻度も増加する傾向があった.1日5 g以上投与群ではCET群の方が静脈炎の発生頻度は高かった.静脈用カテーテル留置により投与した群では静脈炎の発生頻度は高く,とくにCET1日6 gを投与した群ではCEPRにくらべ有意に高い頻度で静脈炎が発生した
URI: http://hdl.handle.net/2433/120169
Appears in Collections:Vol.29 No.5

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.