このアイテムのアクセス数: 511

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
a53b0p20.pdf1.26 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 地震波干渉法による西日本の地殻速度構造(1) −表面波群速度の推定−
その他のタイトル: Crustal Velocity Structure in Western Japan Using Seismic Interferometry (1) -Estimation of Surface Wave Group Velocity-
著者: 山下, 佳穂里  KAKEN_name
浅野, 公之  kyouindb  KAKEN_id
岩田, 知孝  kyouindb  KAKEN_id
著者名の別形: YAMASHITA, Kaori
ASANO, Kimiyuki
IWATA, Tomotaka
キーワード: 地震波干渉法
Rayleigh波群速度
西日本の地殻速度構造
seismic interferometry
group velocity of Rayleigh waves
crustal velocity structure in western Japan
発行日: 1-Jun-2010
出版者: 京都大学防災研究所
誌名: 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B
巻: 53
号: B
開始ページ: 175
終了ページ: 180
抄録: 西日本のF-netの観測点で観測されている連続記録に地震波干渉法を適用し,得られた 観測グリーン関数の特徴を調べた。1)観測グリーン関数は周期3秒程度で卓越しており,2 ?15秒の範囲ではっきりとした信号としてとらえられた。2)上下成分同士の観測グリーン 関数の信号部分のparticle motionの特徴は基本モードのレイリー波の特徴を持っていた。 3)観測グリーン関数の群速度を求め,本地域の地殻内の1次元地震波速度構造により得ら れる理論的なレイリー波群速度と比較した。対応はとれているものの,一致しない地域も あった.今後速度構造の地域性との比較を行う必要がある。また,4)観測グリーン関数の 構築には長期間のデータを用いることによってSN比が高くなることがわかった.その解 析の中で季節によってSN比が違う場合があることが示され,その影響についての精査も 必要である。
Seismic interferometry is applied for F-net contentious data in western Japan area to obtain Green's function between station-pairs for validating crustal velocity structure model. As part 1, we estimated observed Green's functions and see the characteristics. 1) Signals of the observed Green's function have sufficient SN ratio for 2-15 s with station distances up to 250 km. 2) The signals mainly composed by surface waves that were judged by particle motion and group velocity characteristics. 3) The observed Green's functions show seasonal variation.
URL: http://www.dpri.kyoto-u.ac.jp/nenpo/nenpo.html
URI: http://hdl.handle.net/2433/129411
出現コレクション:No.53 B

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。