このアイテムのアクセス数: 353

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
tod51.pdf680.81 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: キー・バリュー型データベースにおける利用者のプライバシを考慮した範囲問合せの実現手法
その他のタイトル: Private Range Query in Key-Value Databases
著者: 川本, 淳平  KAKEN_name
吉川, 正俊  kyouindb  KAKEN_id
著者名の別形: Kawamoto, Junpei
Yoshikawa, Masatoshi
発行日: 3-Oct-2011
出版者: 情報処理学会
誌名: 情報処理学会論文誌トランザクション. データベース(TOD)
巻: 4
号: 3
開始ページ: 33
終了ページ: 44
論文番号: IPSJ-TOD0403005
抄録: 本論文では,キー・バリュー型データベースを対象に,利用者のプライバシを考慮した範囲問合せ手法を提案する.従来議論されてきたプライバシを考慮した情報検索 (PIR; private information retrieval) の枠組みでは,単独では範囲問合せが行えず,また検索用キー属性の値に重複が認められないという制限がある.提案手法では,キー属性の値と問合せそれぞれに摂動を加え暗号化を施すことで,これらの制限を設けることなく問合せへの頻度分析攻撃を防ぐ範囲問合せを実現する. In this paper, we introduce a new private range query method in key-value type database.Existing PIR (Private Information Retrieval) approaches have two limitations: it supports only equal queries but range queries;the key attribute used to query processing must be unique.Our approach, on the other hands, guarantees private range queries and allows tuples having a same value of the key attribute against frequency analysis attacks.For these properties, we add perturbations to both key attributes and queries, and encrypt them.
著作権等: ここに掲載した著作物の利用に関する注意 本著作物の著作権は情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。
All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
Notice for the use of this material The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof.
URI: http://hdl.handle.net/2433/147391
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。