このアイテムのアクセス数: 271

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
j.bmc.2012.02.033.pdf190.22 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: Synthesis and application of an N(δ)-acetyl-N(δ)-hydroxyornithine analog: Identification of novel metal complexes of deferriferrichrysin.
著者: Kobayashi, Kazuya
Oishi, Shinya  kyouindb  KAKEN_id
Kobayashi, Yuka
Ohno, Hiroaki  kyouindb  KAKEN_id
Tsutsumi, Hiroko
Hata, Yoji
Fujii, Nobutaka  KAKEN_id
著者名の別形: 大石, 真也
キーワード: Deferriferrichrysin
Ferrichrome peptide
Hydroxamate
Metal complex
Siderophore
発行日: 15-Apr-2012
出版者: Elsevier Ltd.
誌名: Bioorganic & medicinal chemistry
巻: 20
号: 8
開始ページ: 2651
終了ページ: 2655
抄録: Synthesis of Fmoc-protected N(δ)-acetyl-N(δ)-(tert-butoxy)-l-ornithine has revealed it to be a metal-chelating amino-acid precursor. This protected amino acid was compatible with the preparation of ferrichrome peptides by standard Fmoc-based solid-phase peptide synthesis. Evaluation of deferriferrichrysin for metal ion chelation revealed that zirconium(IV) and titanium(IV) formed complexes with deferriferrichrysin.
著作権等: © 2012 Elsevier Ltd.
This is not the published version. Please cite only the published version. この論文は出版社版でありません。引用の際には出版社版をご確認ご利用ください。
URI: http://hdl.handle.net/2433/155090
DOI(出版社版): 10.1016/j.bmc.2012.02.033
PubMed ID: 22405596
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。