このアイテムのアクセス数: 223

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
c2cc17183j.pdf266.93 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: NHC-catalyzed thioesterification of aldehydes by external redox activation.
著者: Uno, Takuya
Inokuma, Tsubasa
Takemoto, Yoshiji  kyouindb  KAKEN_id
著者名の別形: 竹本, 佳司
発行日: 11-Feb-2012
出版者: The Royal Society of Chemistry
誌名: Chemical communications
巻: 48
号: 13
開始ページ: 1901
終了ページ: 1903
抄録: The NHC-catalyzed thioesterification of aromatic or aliphatic aldehydes with a range of thiols was developed in the presence of a stoichiometric amount of an organic oxidant. Among the oxidants examined, phenazine was shown to give the best results in terms of chemical yield and compatibility with thiols.
著作権等: © The Royal Society of Chemistry 2012
This is not the published version. Please cite only the published version. この論文は出版社版でありません。引用の際には出版社版をご確認ご利用ください。
URI: http://hdl.handle.net/2433/166620
DOI(出版社版): 10.1039/c2cc17183j
PubMed ID: 22228405
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。