Downloads: 145

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
ieice_d_94_3_604.pdf1.09 MBAdobe PDFView/Open
Title: 脳磁界と視運動性眼球運動計測による奥行注意下の運動透明刺激に誘発される皮質活動の検討(バイオサイバネティックス,ニューロコンピューティング)
Other Titles: Cortical Activations and Eye Movements Elicited by Transparent Motion Stimuli during Depth-Based Attention: An MEG Study
Authors: 夏川, 浩明  KAKEN_name
鄭, 址旭  KAKEN_name
小林, 哲生  kyouindb  KAKEN_id
Author's alias: NATSUKAWA, Hiroaki
JUNG, Jiuk
KOBAYASHI, Tetsuo
Keywords: 運動透明視
脳磁図
視運動性眼球運動
奥行知覚
Issue Date: Mar-2011
Publisher: 一般社団法人電子情報通信学会
Journal title: 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム
Volume: 94
Issue: 3
Start page: 604
End page: 613
Abstract: 異なる方向にコヒーレントにドリフト運動する二つのランダムドットパターンによって, 奥と手前の二つの透明な面が知覚される現象は運動透明視として知られている.本研究は, 奥行注意下で運動透明刺激を呈示した際の脳磁界を全頭型MEG装置により計測し, 運動透明視の奥行順序が決定される過程に関与する皮質活動を, 5名の被験者を対象に検討した.すべての被験者において, ヒトの空間や動きの認知に関わるhMT/V5+の活動が平均238msに見られ, 5名中4名の被験者で頭頂連合野若しくは外側後頭皮質LOに至る活動が, 奥行注意状態により視運動性眼振の緩徐相である追従眼球運動における運動方向が変化する潜時以前に見られた.この注意を向けた面のドットに対する追従眼球運動変化が生じる前の皮質活動は, 運動透明視において奥行順序が決定される過程の視覚情報処理を反映することが示唆され, 低次視覚野からhMT/V5+やIPSといった動きの処理に関与する背側経路での処理に加え, 物体の特徴を組み立てるLO近傍領域が運動透明視の奥行構造の処理に関与していると考えられる.
Rights: © (社)電子情報通信学会 2011
URL: http://www.ieice.org/jpn/trans_online/index.html
URI: http://hdl.handle.net/2433/171917
Appears in Collections:Journal Articles

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.