このアイテムのアクセス数: 732

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
CPIJ-45-3-34-199.pdf1.18 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: ニューヨーク・ハイラインにおける歴史的高架橋再利用案の形成過程
その他のタイトル: Formation Process of the Proposed Renewal Plan Utilizing Historic Viaduct in the High Line, New York
著者: 木村, 優介  kyouindb  KAKEN_id
山口, 敬太  kyouindb  KAKEN_id
久保田, 善明  KAKEN_id
川崎, 雅史  kyouindb  KAKEN_id
著者名の別形: Kimura, Yusuke
Yamaguchi, Keita
Kubota, Yoshiaki
Kawasaki, Masashi
キーワード: High Line
Historic Viaduct
Friends of the High Line
Proposed Renewal Plan
New York
ハイライン
歴史的高架橋
フレンズ・オブ・ザ・ハイライン
再利用案
ニューヨーク
発行日: Oct-2010
出版者: 日本都市計画学会
誌名: 都市計画論文集
巻: 45
号: 3
開始ページ: 199
終了ページ: 204
論文番号: 34
抄録: The renewal plan of historic viaduct the High Line in New York was carried out mainly by activities of Friends of the High Line (FHL), a nonprofit group. They have overcome the difficulties regarding the consensus building and plan making. In this paper, we discussed the renewal process by focusing on relations among stakeholders, the concrete contents of an accepted renewal plan and FHL's way to show renewal advantages. Through the analysis of primary sources, we have been able to show that: (1) FHL had developed the renewal plan in cooperation with another nonprofit group. This plan indicated the renewal of surrounding area. It has been accepted by New York City Council and new Mayor. (2) This made FHL act as a planner. Then FHL shaped the plan and showed renewal advantages to stakeholders thorough the review of previous alternative plans.
高架上を緑ある公共空間として再生したニューヨーク・マンハッタンのハイラインHigh Lineでは、主に非営利団体Friends of the High Line(FHL)を中心とした活動により再利用案が作成され、連邦政府や市当局に受け入れられた結果、市とFHLが共同して再生を実現させた経緯がある。本研究では、ハイラインの公共空間としての再利用案の形成過程を、一次資料を基にして、主体の関係、受け入れられたFHLの計画案の具体的内容、FHLによる効果の示し方という観点から明らかにすることを目的とする。その結果、FHLを中心とした再利用案構築の過程において、他の非営利団体との連携により地区再生を意図した再利用案を作成し、それが市議会と新市長に受け入れられたこと、このことによって、計画主体としての役割をFHLが担うこととなり、案の具体化と効果の提示を行ったことを明らかにした。
著作権等: © 2010 公益社団法人 日本都市計画学会
URI: http://hdl.handle.net/2433/174156
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。