このアイテムのアクセス数: 100

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
Kaken_04640683.pdf5.8 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 南西諸島産のヒドロ虫綱(刺胞動物門)の系統分類学的研究
その他のタイトル: Systematic study on Hydrozoans (Phylum Cnidaria) form Nansei Islands
著者: 久保田, 信  KAKEN_name
著者名の別形: Kubota, Shin
キーワード: Cnidome
Distribution
Gametes
Growth
Hydromedusa
Hydropolyp
Hydrozoa
Nansei Islands
ヒドロクラゲ
ヒドロポリプ
ヒドロ虫類
分布
刺胞
刺胞構成
南西諸島
幼生
成長過程
日本初記録
配偶子
発行日: Mar-1994
出版者: 京都大学
抄録: 南西諸島産のヒドロ虫綱(刺胞動物門)の系統分類学的研究を、1992年から1994年にかけて実施した。7島(奄美大島、沖縄島、阿嘉島、宮古島、石垣島、黒島、西表島)における計36地点で採集・調査し、また実験室での飼育によって、ヒドロクラゲ39属47種(7目)とヒドロポリプ21属27種(2目)の計61属74種(7目)を確認した。沖縄島を中心にこの海域より既に報告されている沿岸性ヒドロポリプの25属30種(2目)とあわせると、67属82種(7目)が分布することになり、南西諸島には豊富なヒドロ虫類相がみられるといえる。本海域からのヒドロクラゲ相は、本報告が初めてである。このうちの13種のヒドロクラゲは、日本初記録あるいは未同定種であり、これらの大半の種については、実験室での飼育により成長過程を調べるとともに刺胞構成、配偶子および幼生の形態を明らかにした.また,今回得られた個々の種について、個体変異の幅をおさえ、かつ生物地理学的情報をまとめた。南西藩島産のヒドロ虫類の大半は、九州から北海道にかけてのいずれかの海域に分布するものが多く、南西諸島にのみ分布する種は、目下、ヒドロクラゲ11種とヒドロポリプ4種である。南西諸島産のヒドロクラゲは、比較的よく分類学的研究がなされている台湾海峡や中国の度門周辺海域産のものと共通する種が多いことも判明した。
The systematic study of the Class Hydrozoa (PhylumCnidaria) in the Nansei Islands has been conducted during 1992-1994. The collection of materials and field work was done at 36 stations on seven islands (Amami-oshima, Okinawa Island, Aka Island, Miyako Island, Ishigaki Island, Kuroshima Island, Iriomote Island) and through laboratory-rearing hydromedusae of 47 species of 39 genera (7 orders) and hydropolyps of 27 species of 21 genera (2 orders) were recognized. Together with hydropolyps of 30 species of 25 genera (2 orders) which were already reported from mainly shores of Okinawa Island, a total of 82 species of 67 genera (seven orders) are distributed in Nansei Islands, showing a rich hydrozoan fauna in this study area. All hydromedusae collected in the present study are the first record in this area. Among them, 13 species are new to Japan or unidentified, and the growth, cnidome, gametes, and larva of most of these medusan species were clarified. Further, range of individual variation and biogeographical data were compiled together with former records. Most of the hydrozoans collected in the Nansei Islands are also distributed in any given area from kyushu to Hokkaido, and at present hydromedusae of 11 species and hydropolyps of 4 species are exclusively distributed in the Nansei Islands. It is known that hydromedusa fauna in the Nansei Islands are similar to that of Taiwan Strait and around Amoy, China where the taxonomic study of hydromedusae were well studied.
記述: 平成5年度科学研究費補助金一般研究(C)研究成果報告書 研究課題番号:04640683 研究代表者:久保田 信(京都大学理学部 助教授)
著作権等: 学術雑誌掲載論文の抜き刷り部は出版社の著作権許諾が得られていないため未掲載
URI: http://hdl.handle.net/2433/179111
関連リンク: http://kaken.nii.ac.jp/d/p/04640683
出現コレクション:理学研究科・理学部

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。