このアイテムのアクセス数: 526

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
a56b0p15.pdf7.28 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 大阪堆積盆地における微動H/Vスペクトルの多点観測による盆地速度構造モデルの検証
その他のタイトル: Performance Check of the Velocity Structure Models Using Microtremor H/V Spectral Ratios in the Osaka Sedimentary Basin
著者: 浅野, 公之  kyouindb  KAKEN_id
岩田, 知孝  kyouindb  KAKEN_id
関口, 春子  kyouindb  KAKEN_id
宮腰, 研  KAKEN_name
西村, 利光  KAKEN_name
著者名の別形: ASANO, Kimiyuki
IWATA, Tomotaka
SEKIGUCHI, Haruko
MIYAKOSHI, Ken
NISHIMURA, Toshimitsu
キーワード: 大阪堆積盆地
単点微動観測
H/Vスペクトル比
三次元速度構造モデル
Osaka sedimentary basin
microtremor observation
H/V spectral ratio
three-dimensional valocity structure model
発行日: Sep-2013
出版者: 京都大学防災研究所
誌名: 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B
巻: 56
号: B
開始ページ: 117
終了ページ: 129
抄録: Microtremor H/V spectral ratio is analyzed to obtain the observational information for performance-checking and improving the three-dimensional velocity structure model of the Osaka sedimentary basin. Microtremor was observed at 100 strong motion stations in and around the Osaka basin. The observed peak period of H/V spectral ratio reflects the bedrock depth beneath the observed site. We identified areas where we need revise the model by comparing the observed H/V spectral ratios with the theoretical Rayleigh-wave R/V ratios from the present three-dimensional velocity structure models.
URL: http://www.dpri.kyoto-u.ac.jp/nenpo/nenpo.html
URI: http://hdl.handle.net/2433/181556
出現コレクション: Vol.56 B

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。