Access count of this item: 312

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
himaraya_06_85.pdf935.48 kBAdobe PDFView/Open
Title: ブータンの中央-地方関係
Other Titles: A Note on Decentralization of Bhutan
Authors: 河合, 明宣  KAKEN_name
Author's alias: Kawai, Akinobu
Issue Date: 15-May-1996
Publisher: 京都大学ヒマラヤ研究会
Journal title: ヒマラヤ学誌 : Himalayan Study Monographs
Volume: 6
Start page: 85
End page: 92
Abstract: 本稿ではネパールとの比較によって次の2点を明らかにしたい. すなわち(1)地方行政制度の進展・拡充は, 地方団体(代議機関)の組織化を通して受益者負担と抱き合わせでの住民参加をどこまで実現できるのかという問題と, (2)官僚的統制と名望家支配による国民統合の性格の違いという問題との2つである. 地球環境問題に直面する今日, 自然環境保全, 住民参加, 国民統合そして産業化の関連について「実験国家」ブータンの「中央地方関係」から多くの示唆が得られる.
DOI: 10.14989/HSM.6.85
URI: http://hdl.handle.net/2433/185922
Appears in Collections:第6号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.