このアイテムのアクセス数: 1959

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
yhogk00166.pdfAbstract_要旨163.56 kBAdobe PDF見る/開く
dhogk00166.pdfDissertation_全文1.36 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 税法上の配当概念の意義と課題
著者: 小塚, 真啓  KAKEN_name
著者名の別形: Kozuka, Masahiro
キーワード: 配当
みなし配当
包括的所得概念
実現主義
インテグレーション
シャウプ勧告
発行日: 24-Mar-2014
出版者: 京都大学 (Kyoto University)
学位授与大学: Kyoto University (京都大学)
学位の種類: 新制・課程博士
取得分野: 博士(法学)
報告番号: 甲第18033号
学位記番号: 法博第166号
請求記号: 新制||法||148(附属図書館)
整理番号: 30891
研究科・専攻: 京都大学大学院法学研究科法政理論専攻
論文調査委員: (主査)教授 岡村 忠生, 教授 髙木 光, 教授 仲野 武志
学位授与の要件: 学位規則第4条第1項該当
著作権等: 許諾条件により本文は2015-03-24に公開
DOI: 10.14989/doctor.k18033
URI: http://hdl.handle.net/2433/188440
出現コレクション:博士(法学)

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。