Downloads: 382

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
LIS_seminar09_Intro.pdfKURENAIでの公開にあたって59.63 kBAdobe PDFView/Open
LIS_seminar09_Schedule.pdf全体スケジュール41.87 kBAdobe PDFView/Open
LIS_seminar09_Instruction.pdf進め方(5月以降)について104.41 kBAdobe PDFView/Open
LIS_seminar09_1.pdf第1回 授業の概要(講師の問題関心)、進め方など208.06 kBAdobe PDFView/Open
LIS_seminar09_2.pdf第2回 MLA連携の概要(田窪論文をもとに)212.48 kBAdobe PDFView/Open
LIS_seminar09_3.pdf第3回 MLA連携の政策的アプローチ(菅野論文をもとに)95.04 kBAdobe PDFView/Open
LIS_seminar09_4_1.pdf第4回 “Framework”の全体像と、コレクション原則1~5について161.55 kBAdobe PDFView/Open
LIS_seminar09_4_2.pdf第4回 参考資料: A Framework of Guidance…(メインテキスト)の概要72.56 kBAdobe PDFView/Open
LIS_seminar09_11.pdf第11回 イニシアティブ原則4-6について104.19 kBAdobe PDFView/Open
LIS_seminar09_12.pdf第12回 特論の総まとめ: 「デジタル情報」といかに付き合うか74.48 kBAdobe PDFView/Open
Title: 図書館情報学特論III (2009年度前期 京都大学大学院教育学研究科・教育学部 授業資料)
Authors: 古賀, 崇  KAKEN_name
Author's alias: Koga, Takashi
Issue Date: Jul-2009
Publisher: 古賀崇
Description: ・本資料は、京都大学大学院教育学研究科・教育学部2009年度前期の科目「図書館情報学特論III」(司書資格科目「図書館特論」に該当)で用いた内容をもとにしています。
・この科目では「博物館・図書館・文書館の連携(MLA連携)」をテーマとし、以下の「テキスト」の内容を履修者に考察してもらうことに主眼を置きました。A Framework of Guidance for Building Good Digital Collections. 3rd ed. National Information Standards Organization (USA), 2007.
・上記のテキストの意義については、下記拙稿もあわせてご覧下さい。古賀崇「「MLA連携」の枠組みを探る: 海外の文献を手がかりとして」『明治大学図書館情報学研究会紀要』No.2, 2011, P.2-9. http://hdl.handle.net/10291/11113
・リポジトリでは古賀が作成したレジュメのみ公開し、学生が作成した分(第5回-第10回)は公開しません。
・本資料の内容は 2009年4月-7月当時のものである、という点にご注意下さい。本資料の内容に基づくいかなる損害についても、古賀崇は一切責任を負いません。何とぞご了承下さい。
Rights: Copyright: Takashi Koga.
Licenced under Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported (CC BY-NC-SA 3.0)
URI: http://hdl.handle.net/2433/189711
Appears in Collections:Learning Material

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.