Downloads: 73

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
frk_038_001.pdf10.72 MBAdobe PDFView/Open
Full metadata record
DC FieldValueLanguage
dc.contributor.author渡辺, 弘之ja
dc.contributor.alternativeWatanabe, Hiroyukien
dc.contributor.transcriptionワタナベ, ヒロユキja-Kana
dc.date.accessioned2014-12-01T05:59:18Z-
dc.date.available2014-12-01T05:59:18Z-
dc.date.issued1966-11-
dc.identifier.issn0368-511X-
dc.identifier.urihttp://hdl.handle.net/2433/191425-
dc.description.abstractアカマツおよびブナの供試木を用いて, 自然条件下での1年後, 2年後の重量減少, 含水率の変化と供試木中に棲息していた動物相を調べた。アカマツ供試木は上賀茂試験地に設置し, 長さ50cm, 直径5 - 10cm, 2 - 5cm, 2cm以下および枝を使用した。5 - 10cmの直径の大きなもので1年後に23. 4%, 2年後に41. 9%, 2 - 5cmもので32. 6%, 49. 7%, 2cm以下で31. 7%, 55. 5%, 枝では1年後で32. 2%の減少をし, 小さな供試木ほど減少率は大きかつた。一部をアカマツ林外 (裸地) においたが, シロアリの摂食により, 林内のものよりも減少率は大きかつた。含水率は2年後に低くなつた。供試木中の動物の現存量は1年後に大きく2年後では小さくなつたが, 現存量のほとんどを占めるのはヤマトシロアリ, マツノマダラカミキリ, マツキボシゾウムシであり, アカマツ供試木の重量減少にはこれら3種が重要な働きをしているものと考えられる。ブナ供試木は芦生演習林に設置し, 長さ50cm, 直径4 - 6cmのものを使用した。ブナ供試木では1年後18. 3%, 2年後34. 7%で, 含水率は2年後に増加する。棲息する昆虫類は1年後ではキクイムシ, ナガキクイムシ科のものがすべてであったが, 2年後ではヒゲナガゴマフカミキリがこれに加わる。ja
dc.format.mimetypeapplication/pdf-
dc.language.isojpn-
dc.publisher京都大学農学部附属演習林ja
dc.publisher.alternativeTHE KYOTO UNIVERSITY FORESTSen
dc.subject.ndc650-
dc.titleアカマツ, ブナ供試木の重量減少とそれに関与した動物ja
dc.title.alternativeWeight loss of red pine and beech test sticks and associated animalsen
dc.typedepartmental bulletin paper-
dc.type.niitypeDepartmental Bulletin Paper-
dc.identifier.ncidAN00061068-
dc.identifier.jtitle京都大学農学部演習林報告ja
dc.identifier.volume38-
dc.identifier.spage1-
dc.identifier.epage14-
dc.textversionpublisher-
dc.sortkey02-
dcterms.accessRightsopen access-
dc.identifier.pissn0368-511X-
dc.identifier.jtitle-alternativeBULLETIN OF THE KYOTO UNIVERSITY FORESTSen
Appears in Collections:第38号

Show simple item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.