Downloads: 121

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
frk_072_007.pdf2.87 MBAdobe PDFView/Open
Title: 空中写真から生成した樹冠面標高図を用いたギャップ判別
Other Titles: Discrimination canopy gaps on digital elevation models of canopy surface generated on aero photograph
Authors: 松本, 健  KAKEN_name
長谷川, 尚史  kyouindb  KAKEN_id
山中, 典和  KAKEN_name
酒井, 徹朗  KAKEN_name
Author's alias: Matsumoto, Ken
Hasegawa, Hisashi
Yamanaka, Norikazu
Sakai, Tetsuro
Keywords: 空中写真
林冠ギャップ
DEM
ディジタルフィルタ
フーリエ変換
Aero photograph
Canopy gaps
Digital clevation models
Digital filter
Fourier transfer
Issue Date: 25-Dec-2000
Publisher: 京都大学大学院農学研究科附属演習林
Journal title: 森林研究
Volume: 72
Start page: 7
End page: 13
Abstract: 本論文は, 空中写真から計算機処理により自動生成した樹冠面標高図(C-DEM)を用い, 地形の影響を各種フィルタ処理によって除去することにより, 林冠ギャップの判別をおこなった.フィルタ処理は単純平滑化, メディアン, 適応化平滑化, FFTバイパスフィルタの4種を用い, C-DEMの断面, 平面の双方で各フィルタの特性を比較した.断面での比較では, FFTバイパスフィルタのみがギャップ・異なる開空状況の林道に反応していること, そして誤反応が少ないことがわかった.平面での比較では, フィルタ処理後に2値化した画像において検出されたギャップ・ノイズ比で示されるSNRを求めたところ, FFTバイパスフィルタは他のフィルタの5倍以上の値を示した.このことから, C-DEMから樹冠面の凹凸と地表面の凹凸を分離するのに, FFTを用いた周波数域フィルタを用いることが有効であり, そのデータは林冠ギャップ判別に利用可能であることがわかった.
Canopy surface of natural forest without elevation data of the ground is investigated by using high density Digital Elevation Models (DEM). By using digital filter, the smaller clusters of unevenness on a DEM are distinguished tree crowns from terrain that has relatively larger clusters. From this model, in addition, canopy gaps are discriminated. The most useful filter, among other three filters, is found to be FFT high pass filter. Even with this method, however, noise that can be misidentified as canopy gaps is still excited. When FFT used, Signal Noise Ratio of true gap area to false gap area improves more than five times than the other filter used.
URI: http://hdl.handle.net/2433/192832
Appears in Collections:第72号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.