Access count of this item: 63

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
110009766807.pdf1.93 MBAdobe PDFView/Open
Title: 低演算量ユーザ選択手法を用いたマルチユーザ MIMOシステムの屋内実伝搬環境における伝送実験
Other Titles: Experimental Performance Evaluation of Multi-User MIMO System with Low-Complexity User Selection Schemes in an Actual Indoor Environment
Authors: 齊藤, 俊  KAKEN_name
谷口, 眞人  KAKEN_name
篠原, 諒  KAKEN_name
佐藤, 弘基  KAKEN_name
村田, 英一  kyouindb  KAKEN_id
吉田, 進  KAKEN_name
山本, 高至  kyouindb  KAKEN_id
梅原, 大祐  KAKEN_name
田野, 哲  KAKEN_name
守倉, 正博  kyouindb  KAKEN_id
Author's alias: SAITO, Suguru
TANIGUCHI, Masato
SHINOHARA, Ryo
SATO, Hiroki
MURATA, Hidekazu
YOSHIDA, Susumu
YAMAMOTO, Koji
UMEHARA, Daisuke
DENNO, Satoshi
MORIKURA, Masahiro
Keywords: マルチユーザMIMO
ユーザ選択
伝送実験
Issue Date: Feb-2014
Publisher: 電子情報通信学会(IEICE)
Journal title: 電子情報通信学会論文誌B
Volume: J97-B
Issue: 2
Start page: 162
End page: 173
Abstract: プリコーディングを用いるマルチユーザMIMOシステムにおいて伝送特性を改善する技術としてユーザ選択手法が検討されている.各ユーザの伝搬路状況に応じてユーザ間の伝搬路の直交性が高い組み合わせをリアルタイムに選択して伝送することで伝送特性を改善する.ユーザ選択手法の特性は伝搬路の相関性に大きく影響されるため, 実伝搬環境における特性評価が重要となる.これまでにユーザ選択手法に関する検討が多く行われているが, 計算機シミュレーションや理論解析が主であり伝送実験による特性評価はほとんど行われていない.本論文は, 同時に伝送を行うユーザ組を伝搬路間の直交度に基づいた低演算量のアルゴリズムにより動的に選択するマルチユーザMIMO実験システムの構成と屋内実伝搬環境における伝送実験結果について述べている.伝送実験の結果から, 伝搬路状況に応じてユーザ選択を行うことで受信電力一定の条件下における送信電力特性及びBER特性が大幅に改善されマルチユーザダイバーシチ効果が得られていることが確認されている.
Description: <特集>通信技術の革新を担う学生論文
Rights: © (社)電子情報通信学会 2014
URI: http://hdl.handle.net/2433/193080
Appears in Collections:Journal Articles

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.