このアイテムのアクセス数: 70

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
1887-04.pdf947.66 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 自己駆動粒子モデルを用いた混雑した公共交通機関からの乗客降車シミュレーション (数学と生命現象の連関性の探究 : 新しいモデリングの数理)
その他のタイトル: Simulation of exit of passengers from a crowded public transport using self-driven particle models (Kyoto Summer Research Program in Mathematical Biology Next Wave 2013)
著者: 深谷, 肇一  KAKEN_name
石原, 純司  KAKEN_name
大出, 亜矢子  KAKEN_name
著者名の別形: FUKAYA, Keiichi
ISHIHARA, Junji
OIDE, Ayako
発行日: Apr-2014
出版者: 京都大学数理解析研究所
誌名: 数理解析研究所講究録
巻: 1887
開始ページ: 23
終了ページ: 27
URI: http://hdl.handle.net/2433/195730
出現コレクション:1887 数学と生命現象の連関性の探究 : 新しいモデリングの数理

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。