Access count of this item: 397

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
kulr33_057.pdf1.13 MBAdobe PDFView/Open
Title: <Article>Phonological inventories of seven Jingphoish languages and dialects
Other Titles: <研究論文>ジンポー語群の七言語と音素目録
Authors: KURABE, Keita
Issue Date: 2014
Publisher: 京都大学大学院文学研究科言語学研究室
Journal title: 京都大学言語学研究 = Kyoto University Linguistic Research
Volume: 33
Start page: 57
End page: 88
Abstract: ジンポ一語群の言語および方言は、シナ・チベット語族チベット・ピルマ語派ジン ポー・ルイ語支(または語群)に属し、東北インドから北部ピルマを経て中国雲南省西 南部にかけて分布する。本稿の目的は、ジンポ一語群に属する七種の言語または方言 の音素目録および音節構造を提示し、これらの音素体系(特に子音と母音)がジンポー 祖語からいかにして発達したか説明を試みる。結論として、北部ピルマの南部地域に 分布する標準ジンポ一語が担語の音素体系をよく保持していること、また、北部ピル マの北部地域から東北インドにかけて分布するグループにおいて音素体系の大きな改 新が起きたことを示す。
Rights: © Department of Linguistics Graduate School of Letters 2014
DOI: 10.14989/196278
URI: http://hdl.handle.net/2433/196278
Appears in Collections:33号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.