Downloads: 314

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
rae_13_08.pdf897.34 kBAdobe PDFView/Open
Title: 中央アジアにおけるテパの分布と形態--2013 年度ウズベキスタン調査から--
Other Titles: Study of distribution and form of the settlement remains in Central Asia: Results of the research trip in Uzbekistan in 2013
Authors: 小方, 登  kyouindb  KAKEN_id
Author's alias: OGATA, Noboru
Keywords: テパ
集落遺跡
衛星画像
CORONA 衛星写真
中央アジア
ウズベキスタン
Tepa
Settlement Remains
Satellite Imagery
CORONA Satellite Photograph
Central Asia
Uzbekistan
Issue Date: 26-Dec-2014
Publisher: 京都大学大学院人間・環境学研究科「地域と環境」研究会
Journal title: 地域と環境
Volume: 13
Start page: 109
End page: 120
Abstract: 本稿では,ウズベキスタンのサマルカンド周辺に分布する「テパ」と呼ばれる遺跡の丘について,分布・立地と形態を明らかにする。衛星写真で遺跡と思われる地物を見定めた上,2013 年11 月に現地へ赴き,いくつかの遺跡について調査した。調査した遺跡は,丘の形を取るものが多いが,囲郭からなる遺跡もあり,形態に多様性が見られた。立地については,河岸段丘の崖を囲郭として利用するものがあった。
DOI: 10.14989/197663
URI: http://hdl.handle.net/2433/197663
Appears in Collections:No.13

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.