このアイテムのアクセス数: 87

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
Bull.biogeogr_70_189.pdf2.11 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 老衰したニホンベニクラゲ(ヒドロ虫綱, 花クラゲ目)の若返り
その他のタイトル: Rejuvenation of senile medusa of Turritopsis sp. (Hydrozoa, Anthomedusae)
著者: 久保田, 信  KAKEN_name
著者名の別形: Kubota, Shin
キーワード: culture
medusa
rejuvenation
senile
stolon
Turritopsis
zooid
発行日: 20-Dec-2015
出版者: 日本生物地理学会
誌名: 日本生物地理学会会報
巻: 70
開始ページ: 189
終了ページ: 191
抄録: Rejuvenation is induced by body damage by means of needle sticking of senile female and male medusae of Turritopsis sp. (Hydrozoa, Anthomedusae) collected from Shirahama, Wakayama Prefecture, Japan. As a result, stolon-extention rejuvenation took place in both species (60, 40%, n = 5 respectively), but zooid-formation rejuvenation rate is very low (10 %, n = 10). This rate is lower than that of very young medusa (83.3%, n = 12) from the same locality, suggesting that senile individuals are difficult to accomplish a complete rejuvenation.
和歌山県白浜産のニホンベニクラゲ(ヒドロ虫綱,花クラゲ目)の老衰した雌雄5個体ずつを針で突いて体に損傷を与えて若返りが起こるか調べた.その結果,雌雄はそれぞれ60%と40%の率で若返りを示したが,個虫まで形成できたのはわずか10%(n = 10)であった.完全な若返りは,同じ白浜産のごく若いクラゲの若返り率(83.3%, n = 12)より相当低かったことから,老衰個体は若返りを実行し難いことが示唆された.
著作権等: 発行元の許可を得て登録しています.
URI: http://hdl.handle.net/2433/204527
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。