このアイテムのアクセス数: 138

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
shinbun.kenkyu_786_56.pdf392.42 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 2016年マスコミ関係判例回顧: 実名報道、取材手法問われる --企業の信用めぐり賠償が高額化
著者: 曽我部, 真裕  KAKEN_name
著者名の別形: Sogabe, Masahiro
発行日: Feb-2017
出版者: 日本新聞協会
誌名: 新聞研究
巻: 787
開始ページ: 56
終了ページ: 61
抄録: 本稿では、2016年月1月から12月までのメディア・報道に関連した裁判例を概観し、司法判断の傾向や報道機関への影響について検討する。今年も名誉毀損(きそん)事件が論述の中心となるが、後半ではそれ以外の点が争点となった裁判例にも触れる(以下、断りのない日付は16年を指す。人物の肩書は訴訟対象記事の掲載当時)。
著作権等: 許諾条件により本文ファイルは2017-02-01に公開.
The full-text file will be made open to the public on 01 February 2017 in accordance with publisher's 'Terms and Conditions for Self-Archiving'.
出版社の許可を得て登録しています.
URI: http://hdl.handle.net/2433/217907
関連リンク: http://www.pressnet.or.jp/publication/kenkyu/
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。