このアイテムのアクセス数: 352

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
future.life_2_73.pdf602.22 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: <依頼論文>否定された死--イタリアにおける施設死の様相
その他のタイトル: <Invited Articles>The Denied Death: Aspects of Death in Nursing Homes in Italy
著者: 福島, 智子  KAKEN_name
著者名の別形: Fukushima, Tomoko
キーワード: 施設死
悪しき死
介護者
ケア労働者
移民女性
death in nursing homes
bad death
caregivers
migrant women
発行日: 18-Feb-2017
出版者: 京都大学大学院人間・環境学研究科 共生人間学専攻 カール・ベッカー研究室
誌名: いのちの未来 = The Future of Life
巻: 2
開始ページ: 73
終了ページ: 83
抄録: 本稿では、現代イタリアにおける高齢者施設での死について先行研究を中心に論じる。英米を中心とした高齢者施設における死にゆく過程についての研究では、予後診断が難しい認知症高齢者の場合、死にゆく者の役割を担うことができず、自らの死を主宰する権利をはく奪された高齢者の現状が指摘されている。一方、イタリアの高齢者施設においてSDM(共同意思決定)やAD(事前指示書)の欠如が指摘されているものの、その詳しい実態は分かっていない。ただ、高齢者施設に入ること自体がもつスティグマは事実としてあり、その意味では、施設死は「悪しき死」として否定されている。その悪しき死を避けるために、 在宅ケアを実現させようと低賃金で動員されるケア労働者は、家族愛を支えるための犠牲 者なのかもしれない。 The aim of this article is to describe some of the characteristic aspects of death in nursing homes in Italy by reviewing previous research. Some studies on the process of dying in nursing homes in Britain and the United States have shown that recognition of dying is medically and socially difficult. Consequently, the elderly (with dementia) cannot take their roles as dying persons, and have no right to decide how to die. On the other hand, the lack of documentation regarding shared decision-making has been pointed out in several nursing homes in Italy as well, but its details are unclear. Moreover, death in nursing homes is in fact stigmatized and denied as a bad death. To avoid such bad death, family caregivers hire migrant women (badanti) to care for the elderly at home until their death. Many burned-out migrant women, most of whom work with low wages may be victims of the ideal family image among Italians.
DOI: 10.14989/218231
URI: http://hdl.handle.net/2433/218231
出現コレクション:No. 2

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。