このアイテムのアクセス数: 60

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
Simulation_35(4)_240.pdf1.13 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: トポロジー最適化の新展開 (小特集 最適化の現状の将来)
著者: 山田, 崇恭 researcher_resolver_name
著者名の別形: Yamada, Takayuki
キーワード: topology optimization
発行日: 2016
出版者: 日本シミュレーション学会
誌名: シミュレーション
巻: 35
号: 4
開始ページ: 240
終了ページ: 244
抄録: トポロジー最適化は有限要素法等の数値シミュレーションを用いた構造設計法として知られている.この方法では,設計者の勘と経験に基づく試行錯誤に頼らずに,力学的数学的根拠に基づいて最適構造を求めるため,今までにはない設計案の創成が可能である.本報では,トポロジー最適化の基本的な考え方と定式化及びいくつかの展開例について示す.最初に,構造最適化問題の定義とその分類について概説する.次にトポロジー最適化の定式化とその良設定問題について議論する.最後に,いくつかの展開例を示すと共に,今後の展望について議論する.
著作権等: © 日本シミュレーション学会
発行元の許可を得て登録しています.
URI: http://hdl.handle.net/2433/218959
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。