このアイテムのアクセス数: 130

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
pls22_1.pdf640.05 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: アイヌ語の場所表現に関する記述的研究: 認知言語学的観点から
その他のタイトル: A Descriptive Study on the Locative Expression in the Ainu Language: From the Viewpoint of Cognitive Linguistics
著者: 井上, 拓也  KAKEN_name
著者名の別形: INOUE, TAKUYA
キーワード: アイヌ語
定性
構文
概念メタファー
発行日: Dec-2016
出版者: 京都大学大学院人間・環境学研究科言語科学講座
誌名: 言語科学論集 = Papers in linguistic science
巻: 22
開始ページ: 1
終了ページ: 23
抄録: 本稿では、アイヌ語の「場所表現」と呼ばれる文法的制約の構文的意味について考察する。アイヌ語では通常、名詞(句)と格助詞が共起する際には、その間に位置名詞(positional noun)を挿入する必要がある。この文法的制約を受けた表現は「場所表現」と呼ばれている(田村 1982, 中川 1984)。また、アイヌ語の場所表現の中で現れる名詞句は定表現でなければならないということが井筒 (2006)によって指摘されている。しかし、先行研究では、特に場所表現で現れる場所名詞(名詞節を形成する役割を持つ形式名詞、地名、それ以外の「語彙的場所名詞」)についての統一的な記述はなされていない。本稿は、まず2節で場所表現の文法的制約に関して先行研究でどのように記述されてきたのかを概観したのち、3節以降から、Langacker(1991, 2008)の「参照点構造」の概念を援用しつつ、場所名詞を含めた場所表現で示される概念構造1について、定性の観点から分析していく。4節では、認知言語学における「構文」(Lakoff 1987, Taylor 1989)の視点から、井筒(2006)で示唆されている「定表現」を場所表現のスキーマ的な意味として捉え、それぞれの名詞において実現されている用法を、具体化された構文として記述する。5節では、本論文のまとめと展望を述べる。 This paper examines the semantic structure of the grammatical phenomenon called “locative expression” in the Ainu language from the viewpoint of Cognitive Grammar. In the Ainu language, a noun with locative case takes a positional noun, as in “cise oske ta ku=an” [house inside LOC 1SG=be] ‘I am inside the house.’ On the other hand, there are three cases where such positional nouns are not needed: (i) when used with a preceding demonstrative pronoun, (ii) in a possessive form with a personal affix, (iii) so-called “locative nouns, ” which semantically indicate locations, including place names. From a cognitive point of view, there are several studies on this issue. Tamura (2003) argues that it is possible to omit a positional noun when the word indicates “realm concept” in its conceptual structure and therefore the possessive form indicates the concept of “spatial realm.” Izutsu (2006), on the other hand, claims that the personal affix behaves as a RP (= Reference Point) to indicate a certain spatial realm as a target. The latter analysis employing a RP works fine, but it gives no explanation of the case of “locative nouns” in (iii), especially place names, which seem to indicate no spatial realm or any spatial entity as a RP. Throughout the reanalysis onf all cases, it is shown that the expressions of place in the Ainu language have a RPS (= Reference-Point Structure) to indicate a certain spatial realm or place as a target, which renders the noun phrases definite enough to appear in locative expression. This study shows that the schematic meaning of definiteness is realized as the same conceptual/semantic structure of specification of a target from spatial dominion, which is expressed by different syntactic sub-constructions. It also shows that some Conceptual Metaphors (Lakoff and Johnson 1980, Lakoff 1987) are involved in relation of these sub-constructions.
著作権等: © 2016 京都大学大学院 人間・環境学研究科 言語科学講座
URI: http://hdl.handle.net/2433/219427
関連リンク: http://clsl.hi.h.kyoto-u.ac.jp
出現コレクション:第22号

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。