このアイテムのアクセス数: 228

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
1966-03.pdf540.61 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 仕事効率を最大にする休憩のタイミングと長さ (数学と生命現象の連関性の探求 : 新しいモデリングの数理)
その他のタイトル: Mathematical Analysis for the Maximum Working Efficiency Which is Effected by the Timing and the Length of (a) Break(s) (Kyoto Winter Research Program in Mathematical Biology Next Wave)
著者: 稲葉, 優太  KAKEN_name
谷口, 歩  KAKEN_name
中益, 朗子  KAKEN_name
著者名の別形: Inaba, Yuta
Taniguchi, Ayumu
Nakamasu, Akiko
発行日: Oct-2015
出版者: 京都大学数理解析研究所
誌名: 数理解析研究所講究録
巻: 1966
開始ページ: 18
終了ページ: 22
論文番号: KJ00010042321
URI: http://hdl.handle.net/2433/224243
出現コレクション:1966 数学と生命現象の連関性の探求 ~新しいモデリングの数理~

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。