Access count of this item: 3340

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
ContentsTourism_5_2.pdf441.86 kBAdobe PDFView/Open
Title: “聖地巡礼”行動と作品への没入感:アニメ、ドラマ、映画、小説の比較調査
Other Titles: “Contents tourism” experiences and immersion in stories: Comparisons between animation, TV drama, film and novel
Authors: 楠見, 孝  kyouindb  KAKEN_id
米田, 英嗣  KAKEN_name
Author's alias: KUSUMI, Takashi
KOMEDA, Hidetsugu
Keywords: コンテンツツーリズム
没入
懐かしさ
アニメ
心理学
Issue Date: Mar-2018
Publisher: コンテンツツーリズム学会
Journal title: コンテンツツーリズム学会論文集
Volume: 5
Start page: 2
End page: 11
Abstract: 本研究では、作品舞台の旅における旅行者の物語への没入感に、旅行者の個人差特性、訪問時の感情がどのように影響するのか、あわせてアニメ、TVドラマ、映画、小説に差異があるかを心理学的に検討した。作品舞台の旅の経験をもつ、全国の16-79歳の男女市民800人にインターネット調査を行った。その結果、個人差特性としての懐かしさポジティブ傾向性と想像性が、旅における既知感による懐かしさや感動を喚起して、作品への没入感を深めることが明らかになった。コンテンツ間の差異に関しては、アニメの聖地巡礼は、年齢層が20-30歳代で、旅行前・中・後ともネットへのアクセスなどにおいて能動的で、感動も大きい。一方、小説の聖地巡礼は、年齢層は50-60代とやや高く、訪問時の既知感が他のコンテンツに比べて低い。したがって、訪問時における場所への既知感が高いことが没入感と関連する。
Rights: 出版元の許可を得て掲載しています。
URI: http://hdl.handle.net/2433/232629
Appears in Collections:Journal Articles

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.