このアイテムのアクセス数: 6

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
jmj_35(3)_64.pdf734.29 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: サービスデザイン再考 : 相互主観性からの視座
著者: 山内, 裕  kyouindb  KAKEN_id
佐藤, 那央  KAKEN_name
キーワード: 相互主観性
体験
共創
発行日: 8-Jan-2016
出版者: 日本マーケティング学会
誌名: マーケティングジャーナル = Japan marketing journal
巻: 35
号: 3
開始ページ: 64
終了ページ: 74
抄録: 本稿では既存のサービスデザインの概念を社会科学の理論的視座から再考する。その目的は既存のサービスデザインを否定することではなく, その更なる発展のため, サービスデザインの実践研究とサービスの理論の接合を試みることにある。そこで, 本稿ではサービスは相互主観性レベルの事象であるという主張を元に, サービスデザインにおける基礎的な概念である, 「体験」や「共創」が孕んでいる理論的矛盾点を指摘する。具体的には, これまで利用者やステークホルダーがデザインされた, あるいはされる対象を客体として観照し体験しているという主観性の概念に依拠するのではなく, これらの人々が自分の理解をどのように示し合うのかという相互主観性の水準で議論することで, 従来のデザイン方法論と比較したときのサービスデザインの独自性を明確にする。従来から議論されている方法論は主観性を基礎としている限りにおいて, 相互主観性の水準で議論されるべきサービスデザインの方法論として適切ではなく, 独自の方法論を探究しなければならない。
著作権等: 発行元の許可を得て登録しています.
URI: http://hdl.handle.net/2433/235166
出現コレクション:学術雑誌掲載論文

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。