このアイテムのアクセス数: 4

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
cpb.c18-00255.pdf585.27 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: Organocatalytic direct α-selective N-glycosylation of amide with glycosyl trichloroacetimidate
著者: Li, Shanji
Kobayashi, Yusuke
Takemoto, Yoshiji
著者名の別形: 小林, 祐輔
竹本, 佳司
キーワード: glycosylation
organocatalyst
halogen bond
hydrogen bond
green chemistry
発行日: 1-Jun-2018
出版者: Pharmaceutical Society of Japan
誌名: Chemical and Pharmaceutical Bulletin
巻: 66
号: 7
開始ページ: 768
終了ページ: 770
抄録: Through the synergistic catalytic effect of the halogen bond (XB) donor and thiourea catalyst, a direct α-selective N-glycosylation of the amide residue of asparagine derivative was achieved using readily accessible glycosyl trichloroacetimidate. n-Butyl methyl ether was found to be the most suitable solvent for the α-selectivity.
著作権等: © 2018 The Pharmaceutical Society of Japan.
URI: http://hdl.handle.net/2433/235932
DOI(出版社版): 10.1248/cpb.c18-00255
PubMed ID: 29962459
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。