このアイテムのアクセス数: 7

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
AsiaYuugaku_191_119.pdf724.8 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 辮髪と軍--清末の軍人と男性性の再構築
著者: 髙嶋, 航  KAKEN_name
発行日: 20-Nov-2015
出版者: 勉誠出版
誌名: アジア遊学
巻: 191
開始ページ: 119
終了ページ: 132
抄録: 中国では宋代以降、兵の地位が低下し、「よい人は兵にならない」とまで言われた。太平天国の乱は伝統的な兵に対する観念に修正を迫るが、根本的な変化は日清戦争の敗北を受けて起こった。国家・民族存亡の危機にさいして「武」の必要性が唱えられ、洋式の軍服・軍靴に身を固めた近代的軍人は一躍、中国の男らしさを象徴する存在となった。
著作権等: 発行元の許可を得て掲載しています。
URI: http://hdl.handle.net/2433/236018
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。