このアイテムのアクセス数: 8

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
aesj2017f_3B02.pdf824.14 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 拡張現実感を用いた作業支援システムのためのリローカリゼーション手法の開発
その他のタイトル: Development of a Relocalization Method Applicable to AR Support Systems
著者: 大橋, 由暉  KAKEN_name
木村, 太郎  KAKEN_name
久留島, 隆史  KAKEN_name
石井, 裕剛  kyouindb  KAKEN_id
下田, 宏  kyouindb  KAKEN_id
香田, 有哉  KAKEN_name
著者名の別形: Ohashi, Yoshiki
Kimura, Taro
Kurushima, Takashi
Ishii, Hirotake
Shimoda, Hiroshi
Yuya, Kouda
キーワード: 保守・点検・解体作業支援
カメラトラッキング
環境再構成モデル
発行日: Sep-2017
出版者: 日本原子力学会
誌名: 日本原子力学会 年会・大会予稿集
巻: 2017年秋の大会
論文番号: 3B02
抄録: 原子力発電所内での拡張現実感(AR)の利用に向けた、新たなリローカリゼーション手法を開発した。また、ふげん原子力発電所内で既存手法との比較実験を行い、提案手法の有効性を確認した
記述: [日本原子力学会2017年秋の大会] 会期: 2017年9月13日-9月15日, 会場: 北海道大学
著作権等: © 一般社団法人 日本原子力学会
URI: http://hdl.handle.net/2433/236474
関連リンク: https://confit.atlas.jp/guide/event/aesj2017f/top
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。