Downloads: 48

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
20210515_nishioka.pdf2.05 MBAdobe PDFView/Open
Full metadata record
DC FieldValueLanguage
dc.contributor.author西岡, 千文ja
dc.contributor.alternativeNishioka, Chifumien
dc.date.accessioned2021-05-19T06:20:19Z-
dc.date.available2021-05-19T06:20:19Z-
dc.date.issued2021-05-15-
dc.identifier.urihttp://hdl.handle.net/2433/262914-
dc.description.abstract学術出版物のオープンアクセスが進展し自由にアクセス可能な学術情報が蓄積されている。一方,引用データに関しては機械可読なアクセスの実現は遅れている。この状況を解決するために,2017年I4OC(Initiative for Open Citations)が設立され,オープン・サイテーション,すなわち引用データのオープン化が推進されている。本発表では,まずI4OCによるオープン・サイテーションの定義を導入する。そして日本と世界におけるオープン・サイテーションの現状を分析した上で,オープン・サイテーションを実現するための課題の整理を試みる。最後に,京都大学図書館機構が実施している紀要論文のオープン・サイテーションの実践について紹介する。ja
dc.language.isojpn-
dc.subject学術情報流通ja
dc.subjectオープン・サイテーションja
dc.subjectオープンデータja
dc.subject計量書誌学ja
dc.title日本の学術出版物におけるオープン・サイテーションja
dc.typeconference object-
dc.type.niitypePresentation-
dc.identifier.spage1-
dc.identifier.epage62-
dc.textversionauthor-
dc.address京都大学附属図書館研究開発室-
dc.relation.urlhttp://josoken.digick.jp/-
dcterms.accessRightsopen access-
jpcoar.conferenceName日本図書館研究会情報組織化研究グループ月例研究会 (2021年5月月例研究会)ja
jpcoar.conferenceSponsor日本図書館研究会情報組織化研究グループja
jpcoar.conferenceSponsorInformation Organization Research Group, Nippon Association for Librarianshipen
jpcoar.conferenceDate2021年5月15日(土)ja
jpcoar.conferenceStartDate2021-05-15-
jpcoar.conferenceEndDate2021-05-15-
jpcoar.conferenceVenueオンラインja
Appears in Collections:Presentation

Show simple item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.