Downloads: 192

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KUGSSC_050_57.pdf667.6 kBAdobe PDFView/Open
Title: <報告>障害学生支援に関するネットワーク事業の実践 --高等教育アクセシビリティプラットフォーム(HEAP)における2020年度の活動--
Authors: 村田, 淳  KAKEN_name
宮谷 祐史  KAKEN_name
Author's alias: Murata, Jun
Miyatani, Masashi
Keywords: 障害学生支援
ネットワーク形成
スタンダード構築
Issue Date: 20-Jul-2021
Publisher: 京都大学学生総合支援センター
Journal title: 京都大学学生総合支援センター紀要
Volume: 50
Start page: 57
End page: 65
Abstract: 本稿では,京都大学が実施する障害学生支援のネットワーク事業である「高等教育アクセシビリティプラットフォーム(HEAP)」の2020年度における事業概要や実績を報告する。当該事業は2017年度に文部科学省の「社会で活躍する障害学生支援プラットフォーム形成事業」を契機として発足したプロジェクトであり,2020年度は同省の「令和2年度障害のある学生の修学・就職支援促進事業」を受けて,事業の継続・強化を行った。2020年度は新型コロナウイルス感染症の蔓延により,一部事業計画を見直す必要があったが,オンラインツールなどを全面的に活用して,事業実績として主催事業7件,協力事業16件,後援事業1件,相談対応78件,コンテンツ制作1件を実施することができた。また,各取り組みの成果から,このような社会状況においても,現在の障害学生支援分野にとってHEAPのような取り組みが必要であることを再認識できた。事業体制や内容の精査,またウェブサイト等でのアウトプットの改善など今後の課題はあり,引き続き,障害学生支援分野全体への寄与,また各大学等に在籍する障害のある学生のためになる事業を展開していく。
DOI: 10.14989/264597
URI: http://hdl.handle.net/2433/264597
Appears in Collections:第50輯

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.