Access count of this item: 303

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
ece007_020.pdf2.35 MBAdobe PDFView/Open
Title: 「国家破産」のルールに関する一考察
Authors: 小椋, 文智  KAKEN_name
Author's alias: Ogura, Fumisato
Keywords: 危機解決への民間関与
集団行動問題
SDRM
CAC
モラルハザード
Issue Date: 25-Mar-2003
Publisher: 京都大学経済学部岩本武和研究室
Journal title: 岩本ゼミナール機関誌
Volume: 7
Start page: 20
End page: 33
Abstract: 2001年にIMFクルーガー副専務理事が、ソブリン債務危機を国際的な破産法廷の場を設けて解決しようと提案したことを受けて、「国家の破産」の国際的な手続きに関する議論が活発化している。なぜ債務再構築のルールを事前に作っておく必要があるのか、ルール化することで、投資家・債務国の双方、および国際金融システムにどのような影響が考えられるのか、について考察する。
URI: http://hdl.handle.net/2433/56920
Appears in Collections:第7号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.