Access count of this item: 627

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004772818.pdf253.47 kBAdobe PDFView/Open
Title: 量子力学における観測問題(量子力学の基礎について,研究会報告)
Authors: 並木, 美喜雄  KAKEN_name
Author's alias: Namiki, Mikio
Issue Date: 20-Feb-1984
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 41
Issue: 5
Start page: 262
End page: 266
Abstract: 量子力学はその成功にも拘らず,生誕以来50年以上もの間,原理的問題についての疑問や対立があり,論争が続けられてきた。その中心は観測問題にある。くわしい問題意識の説明は別のところにゆずるが,測定による'波束の収縮'が量子力学自身によって解明されるかという問題であり,量子力学の理論的体系の無矛盾性や自己完結性を問うものである。すでに,500以上の論文が公刊されており,とても紹介し切れないが,とくに有名なものとして, (i)v.Neumann-Wigner理論,(ii)エルゴード増幅理論,(iii)多世界理論などがある。ここでは,問題点整理を目的に,まず前二者間の対立論争について紹介し,次に筆達者の理論を新しい視点から再構成してみたい。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/91207
Appears in Collections:Vol.41 No.5

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.