Access count of this item: 233

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004405014.pdf576.19 kBAdobe PDFView/Open
Title: 超伝導と強磁性の共存状態に於ける磁気双極子相互作用のいくつかの役割について
Authors: 関, 誠一  KAKEN_name
Author's alias: Seki, Seiichi
Issue Date: 20-Nov-1984
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 43
Issue: 2
Start page: 81
End page: 93
Abstract: 超伝導と強磁性の共存状態に於いて,磁気双極子相互作用が長波長スピン波エネルギーに与える影響を考察し,スピン波エネルギーの縮退の出現或いは消失がLondonパラメータと試料の大きさ(または個々の磁区の平均的な大きさ)の比に強く依存することを指摘する。膜状試料に於ける磁気双極子相互作用についても考察し,Meissner効果によって膜の磁気形状異方性が増大することを示す。更に,いくつかの磁区構造の安定性についても議論する。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/91496
Appears in Collections:Vol.43 No.2

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.