Access count of this item: 84

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004737823.pdf365.18 kBAdobe PDFView/Open
Title: 過剰敷衍過程モデルと一般化シフト写像(力学系と複雑性,基研長期研究会「複雑系4」)
Authors: 豊田, 信一  KAKEN_name
郡司, ペギオ幸夫  KAKEN_name
Author's alias: Toyota, Shinichi
Gunji, Yukiopegio
Issue Date: 20-Aug-1996
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 66
Issue: 5
Start page: 1006
End page: 1013
Abstract: 生物システム等の複雑なシステムの記述に関する観測過程の問題は無限の精度によって表される連続状態を有限精度の離散状態へ写し取ることに起因する。我々はこの観測過程の問題を表現するモデルとして過剰敷衍過程モデル(Hyper-dilation model)を提出し、このモデルによって表現される特徴的な挙動を明らかにした。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
ポスター
URI: http://hdl.handle.net/2433/95892
Appears in Collections:Vol.66 No.5

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.