Access count of this item: 133

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004711665.pdf151.24 kBAdobe PDFView/Open
Title: 8. スクイズドチャネルの情報伝送効率について(第9回『非平衡系の統計物理』シンポジウム,研究会報告)
Other Titles: 8. On the efficiency of the information transmission for squeezed channel(The 9th Symposium on Non-Equilibrium Statisitical Physics)
Authors: 佐藤, 友彦  KAKEN_name
渡邉, 昇  KAKEN_name
大矢, 雅則  KAKEN_name
Author's alias: Sato, T.
Watanabe, N.
Ohya, M.
Issue Date: 20-Feb-2002
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 77
Issue: 5
Start page: 933
End page: 936
Abstract: 従来の通信過程は,人・出力系,雑音・損失系にコヒーレント状態を用いたチャネルによって構成されている.最近では,コヒーレント状態をさらに応用した,スクィズド状態を用いた通信の研究が盛んになっている.スクィズド状態を用いた通信の伝送効率は,スクィジングの効果を高めるほど,従来のコヒーレント状態を用いた通信の伝送効率に比べ飛躍的に良くなることが知られている.本稿では,スクィズド状態を用いた量子チャネルのモデルとなるスクィズドチャネルを定義し,このチャネルにおける情報伝送の効率を,相互エントロピー,または量子通信路容量を用いて計算する.
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/97167
Appears in Collections:Vol.77 No.5

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.