アジア・アフリカ地域研究 = Asian and African Area Studies

  Current Issue         Back Issues      

  


   No.22-1   (2022-09)  

     表紙・目次ほか
    

     <論文>フィリピン・アンティケ州における有機農業普及に関する実践型地域研究 --協働者としての農業普及指導員の役割に関する試論--
    生駒, 忠大 
     p.1 -35

     <論文>スリランカにおける清掃労働者集落住民の民族帰属 --「境遇」に方向付けられた実践と語りから--
    清水, 加奈子 
     p.36 -72

     Constraints on Migrant Workers' Lives Due to Structural Mediation in Labour Migration: A Case Study of Thai Technical Intern Trainees in Japan
    KALAPONG, Jessadakorn 
     p.73 -100

     <書評>Rie Nakamura. A Journey of Ethnicity, In Search of the Cham of Vietnam, first edition. Newcastle upon Tyne: Cambridge Scholars Publishing, 2020, xiii+238 p.
    伊藤, 正子 
     p.101 -104

     <書評>関根康正編. 『ストリート人類学--方法と理論の実践的展開』風響社, 2018年, 768 p.
    北嶋, 泰周 
     p.104 -108

     <書評>小林和夫. 『奴隷貿易をこえて--西アフリカ・インド綿布・世界経済』名古屋大学出版会, 2021年, 326 p.
    中尾, 世治 
     p.108 -111

     <書評>服部志帆編. 『霊長類学者 川村俊蔵のフィールドノート--1950年代屋久島の猟師と後継者たち』南方新社, 2021年, 389 p.
    大坂, 桃子 
     p.111 -115

     <書評>田中雅一・石井美保・山本達也編. 『インド・剥き出しの世界』春風社, 2021年, 456 p.
    菅野, 美佐子 
     p.115 -118

     <書評>下條尚志. 『国家の「余白」--メコンデルタ 生き残りの社会史』京都大学学術出版会, 2021年, 570 p.
    今村, 真央 
     p.118 -122

     <書評>横山 智編. 『世界の発酵食をフィールドワークする』農山漁村文化協会, 2022年, 235 p.
    柳澤, 雅之 
     p.122 -126

     <書評>生方史数編. 『森のつくられかた--移りゆく人間と自然のハイブリッド』共立出版, 2021年, 234 p.
    竹田, 晋也 
     p.126 -130

     <フィールドワーク便り>「故郷」を訪ねて
    浅井, 登紀子 
     p.131 -135

     <フィールドワーク便り>世代を超えて継承された相互扶助「結」 --世界遺産白川郷における人々の語りに着目して--
    奥田, 真由 
     p.135 -139

     <フィールドワーク便り>夢を追う人 --セネガルのグラフィティから沖縄の焼物へ--
    前田, 夢子 
     p.140 -143

     <フィールドワーク便り>癒しを求めて --トルコの「スピリチュアル」な人々--
    真殿, 琴子 
     p.144 -147

     <フィールドワーク便り>場所を与えられる, 持つということ --福岡市・天神でのフィールドワークを通して--
    北條, 七彩 
     p.147 -151

     <フィールドワーク便り>トンレサープ湖 --人と自然の息づかいを感じる場所--
    岡田, 龍樹 
     p.152 -155