Access count of this item: 376

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004706754.pdf254.59 kBAdobe PDFView/Open
Title: 状態密度を計算するモンテカルロ法を用いたFisher零点の研究(2004年度後期基礎物理学研究所研究会「モンテカルロ法の新展開3」,研究会報告)
Authors: 岡部, 豊  KAKEN_name
Author's alias: Okabe, Yutaka
Issue Date: 20-Dec-2005
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 85
Issue: 3
Start page: 353
End page: 358
Abstract: 複素温度平面上の状態和の零点(Fisher零点)分布は、相転移研究の有力な手段である。ここでは、エネルギー状態密度を計算するモンテカルロ法を利用して、準結晶上のイジングモデルのFisher零点を議論する。規則格子の場合と異なり、準結晶上のイジングモデルの零点は、ある曲線上に乗るのではなく複素平面で広く分布することを示し、また有限サイズスケーリングの性質について議論する。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/110381
Appears in Collections:Vol.85 No.3

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.