Access count of this item: 561

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004706795.pdf353.55 kBAdobe PDFView/Open
Title: 一分子計測法により明らかになったモータータンパク質キネシンの二足歩行の仕組み(ナノバイオダイナミクス,研究会報告)
Authors: 富重, 道雄  KAKEN_name
Author's alias: Tomishige, Michio
Issue Date: 20-Feb-2006
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 85
Issue: 5
Start page: 624
End page: 629
Abstract: キネシンは微小菅の上を移動することにより細胞内での物質輸送に関わるモータータンパク質である。一分子で連続的に運動することができるため、歩く分子モーターとも呼ばれる。キネシンは微小管結合能を有するモータードメインを2つ持ち、またモータードメインから伸びるネックリンカーと呼ばれる短い部位が ATP加水分解に伴って構造変化をすることが知られている。このネックリンカーの構造変化をベースにした2足歩行モデルが提案され、一分子計測法を用いた研究によって、このモデルを支持する結果が得られつつある。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/110403
Appears in Collections:Vol.85 No.5

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.