このアイテムのアクセス数: 165

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
31_315.pdf1.34 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: A rare case of adenocarcinoma of bladder following augmentation enterocystoplasty
その他のタイトル: 遊離回腸を利用した膀胱拡張術後に発生した膀胱腺癌の1例
著者: KAMIDONO, Sadao
ARAKAWA, Soichi
UMEZU, Keiichi
ISHIGAMI, Jodi
MAEDA, Sakan
著者名の別形: 守殿, 貞夫
荒川, 創一
梅津, 敬一
石神, 嚢次
前田, 盛
キーワード: Adenocarcinoma of bladder
Augmentation enterocystoplasty
発行日: Feb-1985
出版者: 泌尿器科紀要刊行会
誌名: 泌尿器科紀要
巻: 31
号: 2
開始ページ: 315
終了ページ: 318
抄録: 47歳男子にみられた,結核性萎縮膀胱に対するU字型遊離回腸移植膀胱拡張術後20年目に同移植回腸上皮より発生したと考えられる膀胱低分化腺癌の1例を報告し,若干の文献的考察を加えた.
This is a report of a case of poorly differentiated adenocarcinoma found 20 years after bladder augmentation ileoplasty. The origin of this tumor was proved to be the ileal part of bladder augmentation. Autopsy revealed metastatic lesions in the stoma (sigmoid conduit), lungs, liver, left femur, adrenal glands and lymph nodes. A review of the literature revealed only one other such case. This is a rare case of adenocarcinoma in the ileal part of bladder augmentation.
URI: http://hdl.handle.net/2433/118402
PubMed ID: 4040317
出現コレクション:Vol.31 No.2

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。