このアイテムのアクセス数: 230

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
31_309.pdf2.77 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 膀胱癌化学療法を契機として発症したPneumocystis carinii肺炎の1例
その他のタイトル: A case of pneumocystis carinii pneumonia after chemotherapy of bladder tumor
著者: 池内, 博和  KAKEN_name
小笹, 喜丘  KAKEN_name
佐々木, 進  KAKEN_name
大島, 升  KAKEN_name
著者名の別形: IKEUCHI, Hirokazu
OZASA, Yoshitaka
SASAKI, Susumu
OSHIMA, Minoru
キーワード: Pneumocystis carinii pneumonia
Chemotherapy
Bladder tumor
発行日: Feb-1985
出版者: 泌尿器科紀要刊行会
誌名: 泌尿器科紀要
巻: 31
号: 2
開始ページ: 309
終了ページ: 313
抄録: This is a case report on a 70-year-old male patient. During chemotherapy treatment after a bladder tumor operation, the patient had a complication of pneumonia which did not respond to various antibiotics. From clinical observations and chest X-ray, it was diagnosed as pneumocystis carinii (PC) pneumonia and was cured by medication of Co-trimoxazole.
URI: http://hdl.handle.net/2433/118403
PubMed ID: 3874533
出現コレクション:Vol.31 No.2

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。