このアイテムのアクセス数: 384

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
31_243.pdf6.75 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 経尿道的超音波断層法による膀胱腫瘍の浸潤度判定
その他のタイトル: Transurethral ultrasonography for bladder tumor staging
著者: 片岡, 喜代徳  KAKEN_name
金子, 茂男  KAKEN_name
郡, 健二郎  KAKEN_name
秋山, 隆弘  KAKEN_name
栗田, 孝  KAKEN_name
著者名の別形: KATAOKA, Kiyonori
KANEKO, Shigeo
KOHRI, Kenjiro
AKIYAMA, Takahiro
KURITA, Takashi
キーワード: Transurethral ultrasonography
Bladder tumor staging
発行日: Feb-1985
出版者: 泌尿器科紀要刊行会
誌名: 泌尿器科紀要
巻: 31
号: 2
開始ページ: 243
終了ページ: 248
抄録: 本法施行後,手術により組織学的に浸潤度を確かめ得た39症例について,正診率は,全症例では82.9%で膀胱全摘除術症例では,83.3%と良好であった.なお,本法は,描出力の鮮明さや描出範囲の広さ,読影の容易さなどにおいて,経直腸摘超音波断層法より優れていた
A transurethral ultrasonographic study of diagnosing the stage of bladder tumors was made on 35 cases whose pathological stages were confirmed by transurethral resection or total cystectomy. Ultrasonographic diagnoses were in accordance with the pathological stages in 29 (82.9%) out of 35 cases. Restricted to 12 cases whose histological findings were examined by total cystectomy, the accuracy was 83.3%. Transurethral ultrasonography is considered to be a very useful method for bladder tumor staging.
URI: http://hdl.handle.net/2433/118412
PubMed ID: 3893069
出現コレクション:Vol.31 No.2

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。