このアイテムのアクセス数: 192

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
31_239.pdf238.38 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 尿管S状結腸吻合術患者の術後生活状態 --アンケート調査を中心にして--
その他のタイトル: Results of a survey on the daily activities of patients following ureterosigmoidostomy
著者: 矢崎, 恒忠  KAKEN_name
根本, 真一  KAKEN_name
加納, 勝利  KAKEN_name
小磯, 謙吉  KAKEN_name
著者名の別形: YAZAKI, Tsunetada
NEMOTO, Shinichi
KANOH, Shori
KOISO, Kenkichi
キーワード: Ureterosigmoidostomy
Urinary diversion
Daily life
Questionnaire
発行日: Feb-1985
出版者: 泌尿器科紀要刊行会
誌名: 泌尿器科紀要
巻: 31
号: 2
開始ページ: 239
終了ページ: 242
抄録: 本術式施行後,1年以上,平均3年9ヵ月経過した9例について,日常生活の障害が高度な例はなく,また尿失禁が毎日起っている1例を除いては皆満足していた
Results of a questionnaire study on the daily life of patients undergoing ureterosigmoidostomy are reported. Nine patients who survived for more than 1 year after the operation were subjected to this study. At the time of their regular checkup, they were asked questions including the frequency of febrile attack, degree of daily work, bathing, complaints, frequency of urination and incontinence and feeling towards ureterosigmoidostomy. These patients had neither serious complications nor complaints. All except for 1 patient were satisfied and were enjoying daily life after ureterosigmoidostomy.
URI: http://hdl.handle.net/2433/118413
PubMed ID: 4013942
出現コレクション:Vol.31 No.2

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。