このアイテムのアクセス数: 248

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
32_135.pdf370.57 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 前立腺肥大症に対するCerniltonの臨床評価
その他のタイトル: Clinical evaluation of Cernilton in benign prostatic hypertrophy
著者: 林, 淳二  KAKEN_name
三井, 博  KAKEN_name
山川, 弦一郎  KAKEN_name
須賀, 昭信  KAKEN_name
甲斐, 明  KAKEN_name
島袋, 智之  KAKEN_name
柳, 邦治  KAKEN_name
藤沢, 章二  KAKEN_name
瀧原, 博史  KAKEN_name
金田, 芳孝  KAKEN_name
山本, 憲男  KAKEN_name
酒徳, 治三郎  KAKEN_name
著者名の別形: HAYASHI, Junji
MITSUI, Hiroshi
YAMAKAWA, Genichiro
SUGA, Akinobu
KAI, Akira
SHIMABUKURO, Tomoyuki
YANAGI, Kuniharu
FUJISAWA, Shoji
TAKIHARA, Hiroshi
KANEDA, Yoshitaka
YAMAMOTO, Norio
SAKATOKU, Jisaburo
キーワード: Cernilton
Benign prostatic hypertrophy
発行日: Jan-1986
出版者: 泌尿器科紀要刊行会
誌名: 泌尿器科紀要
巻: 32
号: 1
開始ページ: 135
終了ページ: 141
抄録: 前立腺肥大症の20例にCernilton(R)を1日6錠平均13.2週投与した.1)自覚症状の改善は残尿感92%,遷延性排尿86%,夜間排尿回数85%,排尿時のいきみ56%,苒延性排尿53%,尿線の勢い53%であった.総合効果では80%が中等度改善以上であった.2)他覚所見の総合効果は54%が中等度改善以上で,夜間排尿回数,残尿量,排尿量が有意に改善した.3)総合効果では80%が有効以上であった.4)副作用は全く認められなかった
Twenty patients with benign prostatic hypertrophy were treated with Cernilton, 6 tablets a day for an average of 13.2 weeks. Subjective effectiveness was observed in the improvement of sense of residual urine (92%), retardation (86%), night frequency (85%), strain on urination (56%), protraction (53%) and forceless urinary stream (53%). The overall subjective effectiveness was 80% of patients, and the overall objective effectiveness was 54% of patients. Night frequency, residual urine volume and tidal urine volume were improved significantly. The overall effectiveness was 80%. No side effects were observed.
URI: http://hdl.handle.net/2433/118709
PubMed ID: 2421560
出現コレクション:Vol.32 No.1

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。