Downloads: 133

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
18_0110.pdf114.77 kBAdobe PDFView/Open
Title: Effect of antiserum on peripheral blood lymphocyte
Other Titles: 末梢血中のリンパ球におよぼすALSの影響
Authors: Abe, Tomiya
Kusumi, Hiroki
Inoue, Takayuki
Kanazawa, Minoru
Author's alias: 阿部, 富弥
楠見, 博紀
井上, 喬之
金沢, 稔
Keywords: Adult
Antilymphocyte Serum/pharmacology
Humans
Kidney Transplantation
Leukocyte Count
Lymphocytes
Male
Nephritis/surgery
Transplantation, Homologous
Issue Date: Mar-1972
Publisher: 京都大学医学部泌尿器科学教室
Journal title: 泌尿器科紀要
Volume: 18
Issue: 3
Start page: 110
End page: 112
Abstract: 移植時に用いられる免疫抑制剤にはプレドニン,イムラン, ALS,アスパラギナーゼなど種々あるが, そのどれをとっても適確な作用機序は残念ながら理解されていないのが現状である。一つにはまだ免疫反応の完全な解明がなされていないのがその原因である。われわれは慢性腎不全患者に腎移植を施行し,免疫抑制剤にイムラン,プレドニン, ALS,局所レ線照射などを用いた。 そのさい移植後毎日未柏、血液像をみたが, ALSは大リンパ球に対して感受性があり,比較する意味で慢性肝炎の患者にイムランを使用し, これも毎日末梢血液像をみたところイムランはリンパ球に対してほとんど感受性を持たず, 多核白血球に感受性のあることがわかった。 これらに対する免疫的意味づけは種々考えられるが,症例が少ないので,今後の症例および動物実験で解明する予定である。
URI: http://hdl.handle.net/2433/121360
PubMed ID: 4558364
Appears in Collections:Vol.18 No.3

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.