このアイテムのアクセス数: 264

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
22_0055.pdf590.37 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: Klinefelter症候群の皮膚紋理 2.掌紋のa-b 隆線数
その他のタイトル: DERMATOGLYPHIC STUDY OF KLINEFELTER’S SYNDROME 2.PALMAR a-b RIDGE COUNTS
著者: 小松, 洋輔  KAKEN_name
友吉, 唯夫  KAKEN_name
吉田, 修  KAKEN_name
著者名の別形: Komatsu, Yosuke
Tomoyoshi, Tadao
Yoshida, Osamu
発行日: Jan-1976
出版者: 泌尿器科紀要刊行会
誌名: 泌尿器科紀要
巻: 22
号: 1
開始ページ: 55
終了ページ: 57
抄録: The palmar a-b ridge counts were investigated in 51 cases of Klinefelter's syndrome. The total count in this syndrome was 72 .51 in average which did not differ from the normal male and female controls on a statistic analysis, although the low palmar a-b ridge count was previously reported by other investigators. Japanese with Klinefelter's syndrome show the lower a-b ridge counts than those in U.S.A or Europe. This is probably due to the racial differences.
URI: http://hdl.handle.net/2433/121909
出現コレクション:Vol.22 No.1

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。